XECOとCS-PROが香港の新エネルギー自動車充電ネットワーク向けに初のグリーン・セキュリティー・トークン・ オファリング(G-STO)を発表

香港2024年5月16日PR Newswire 【共同通信JBN】 香港を拠点とする新エネルギー車(NEV)ソリューション・プロバイダーであるAX Xeco Limited(XECO)と、証券取引委員会(SEC)から第1種規制業務(証券取引)の認可を受けた企業であり、セキュリティー・トークン・オファリング(STO)に特化した香港初の一次発行・流通プラットフォームであるCSpro(Hong Kong) Limited(CS-PRO)は、NEVセクター向けに世界初のグリーン・セキュリティー・トークン・オファリング(G-STO)を共同で開始することを発表した。 G-
 STOの詳細については、https://hk.cspro.io/sto/xeco をご覧ください。 国際エネルギー機関(IEA)によると、2022年の世界の運輸部門の二酸化炭素排出量のうち、自動車からの排出量は48%を占めている。 NEVは、炭素排出ゼロの輸送部門を目指す上で大きな前進である。NEVの世界需要は2022年から2030年にかけて4倍になり、4,500万台に急増すると予測している。中国では、NEVの普及率は2023年に31.6%に達し、これは中国で販売される自動車の3台に1台がNEVであることを意味し、2030年には50%を超えると予測されている。2021年、香港特別行政区政府(HK-Gov)は「NEV普及に関する香港ロードマップ」を発表し、充電インフラを備えた公共・民間駐車場の数を2027年までに約20万台とし、2035年またはそれ以前に燃料推進式およびハイブリッド式の自家用車の新規登録を停止する目標を設定した。2023年12月末現在、香港政府は、香港には公共用のNEV充電器が7,415基あり、NEV充電器とNEV車の比率は1:10であると発表した。このことは、NEV車に対するNEV充電器の比率を大幅に低下させるために、NEV充電器の新規設置・展開を拡大する大きな市場需要と成長機会を示している。
 XECOとCS-PROの今回の協力は、エキサイティングなマイルストーンであり、NEV業界におけるブロックチェーン技術を通じたNEV充電器プロジェクトの資金調達モデルと投資計画の開拓における大きな飛躍を意味する。 プロの投資家をターゲットとするG-STOの各参加者は、NEV充電器プロジェクトの事業実績に基づく製品・サービスの利用状況や推定利回りをリアルタイムで把握することができる。イーサリアム上の最先端のブロックチェーン技術を活用することで、G-STOは未公開株式市場における金融障壁を下げ、より多くの人々がNEV革命に参加できるようにします。
G-STOは、KYC/AMLコンプライアンス、ビジネス・ガバナンス、リスク評価、年次財務監査といった伝統的な対策を組み合わせて投資家保護を優先している。スマート・コントラクトの自動化とブロックチェーン上のデータの透明性とともに、投資家に対して、製品・サービスの利用状況、ビジネス・パフォーマンス、投資から期待される配当について、これまでにない可視性を提供するものである。この画期的なG-STOは、環境・社会・ガバナンス(ESG)投資の展望に革命をもたらし、よりクリーンで強靭な未来への道を開くと同時に、投資家が持続可能な地球を育みながらNEVビジネスから経済的利益を得ることを可能にする、透明で安全かつ再現性のある投資モデルを導入する準備が整っている。 コインストリートグループの副会長であり、中国政治協商会議(CPPCC)の国家委員であるスティーブン・ロー氏は、「中国は2030年に二酸化炭素排出量のピークを迎え、2060年にカーボンニュートラルを達成することを目指している」と語っている。同氏は「NEV産業の発展は国家計画の重要な一部です。香港は国際金融センターです。Coinstreetグループは、NEV充電インフラ開発を支援する新しい資産トークン化資金調達モデルを率先して構築することを誇りに思っています」 と付け加えた。 XECOの創設者兼CEOのヴィーナス・ウォンは、「G-STOを通じた極めて革新的な資金調達方法によって、XECOは香港全土にNEV充電器を設置する計画を迅速に進めることができる」とコメントした。 CS-PROの創設者兼CEOであるサムソン・リーは「香港における持続可能な交通手段の構築の成功は、利用しやすく手頃な価格のNEV充電インフラを確立できるかどうかに大きく依存しています。革新的なNEVインフラ融資モデルは、包括的な全国充電ネットワークの開発に必要な手頃な価格、拡張性、民間セクターの関与を促進する上で重要な役割を果たすことができます。XECOとCS-PROの戦略的提携は、ESGセクターにおける革新と協調的成長に対する両社のコミットメントを示すものであり、NEV産業の成長を促進する新たな融資形態をもたらすものです」と述べた。
 G-STOの詳細については、https://hk.cspro.io/sto/xeco をご覧ください。

Real-World Assets (RWA) Tokenization Insights on April 13, 2024 in Tokyo

Source: CSpro LinkedIn We are pleased to announce the successful conclusion of the “Real-World Assets (RWA) Tokenization Insights” event, hosted by Taisu Ventures and EMURGO, held on April 13, 2024, in Tokyo! Attendees had the opportunity to engage in an exclusive discussion on asset tokenization and the future of finance. The event took place at… Continue reading Real-World Assets (RWA) Tokenization Insights on April 13, 2024 in Tokyo

TEAMZ Web3/AI Summit on 13-14 April 2024: CSpro Exhibition Booth & Firechat Panel “Founders’ highlights: Future Trends in Blockchain Development” in Tokyo

Source: Coinstreet LinkedIn We are thrilled to share the highlights of our participation at the recent TEAMZ Web3/AI Summit in Toranomon Hills Forum at Tokyo on 13-14 April 2024! Our Founder & CEO of Coinstreet and CSpro.io, SAMSON (SAM) LEE had an incredible time exchanging valuable insights and discussing #STO, also the latest trends in… Continue reading TEAMZ Web3/AI Summit on 13-14 April 2024: CSpro Exhibition Booth & Firechat Panel “Founders’ highlights: Future Trends in Blockchain Development” in Tokyo

Taisu Ventures Announces Investment and Strategic Advisory Role in CSpro to Drive Innovation and Adoption for Tokenization of Real World Assets (RWA) through Security Token Offering (STO)

Source: PR Newswire Taisu Ventures, a leading Web3 venture capital firm dedicated to driving innovation in the blockchain space, is pleased to announce an investment and a strategic advisory role in CSpro Global Holding Limited, a core business arm under Coinstreet Group specializing in global Real World Asset (RWA) tokenization market opportunities, primary market brokerage… Continue reading Taisu Ventures Announces Investment and Strategic Advisory Role in CSpro to Drive Innovation and Adoption for Tokenization of Real World Assets (RWA) through Security Token Offering (STO)